清水力斗(星稜高)はドラフト何位指名か予想!高校時代の成績も紹介!

おっす管理人のたいがだ。

高校野球は、埼玉県代表の花咲徳栄高校が初優勝と言う結果になったな。

意外なことに、埼玉県は全国制覇が初だったんだな。

 

関東勢は、強い高校が多いのでまさか埼玉県が全国初制覇だと言うことはとてもびっくりだった。

 

この記事は、別の記事でも書いたが清水力斗投手について記事を書いていこうと思っている。

別記事でも記事を書いているので、是非見ていって欲しい!

【関連記事】

清水力斗(星稜高)に彼女はいるのか検証!家族や兄弟についても!

スポンサードリンク

清水力斗のプロフィールを紹介

 

名前    清水力斗 (しみず りきと)

生年月日  不明

出身地   石川県宝達志水町

体重    80kg

身長    175cm

血液型   不明

ポジション 投手

投打    右投げ右打ち

 

地元石川県に生まれてずっと高校まで石川県で野球をプレイしていることが分かるな。

写真を見る限り、全身のばねを使えているしチームのエースとして活躍していることが分かるな!

 

野球を始めたのは、意外と遅く小学校3年生の時になる。

地元のジュニアクラブである桶川クラブに所属していたそうだ。

小学校卒業後は、地元の中学校である志雄中学校に進学して軟式野球部に所属していた。

軟式野球部に所属していたと言うことは、軟式ボールで練習をしていたことになるが、シニアチームに行かなかった理由は不明である。

 

成長期である中学生時代に硬式ボールを使用するシニアリーグは肘に相当な負担が掛かることを懸念して、中学校の軟式野球部に所属したのではないかと推測する。

 

そして、現在所属している星稜高校に進学することになる。

 

星稜高校と言えば、高校野球ファンなら聞いたことはあるだろう。

何と、あの松井秀喜選手も星稜高校の出身である。

巨人やメジャーで大活躍した松井秀喜選手に憧れて入学する選手も多いことだと思う。

 

清水力斗投手の高校時代の実績について紹介していこうと思う!

スポンサードリンク



高校時代の成績は?

星稜高では1年夏から控え投手としてベンチ入りを果たしていた。

1年の秋から3年生が引退となり、新チーム発足となった頃からチームに欠かせない人物となっていた。

2年の春には石川県大会優勝北信越大会優勝と輝かしい成績を残している。

全6試合の登板で、37.1回を16失点と言う粘り強い投球を披露していた。

しかし、右肘側副靱帯損傷の怪我を負うことになり北信越大会での登板は1試合0.1回と言う結果になってしまった。

甲子園も出場を果たすも初戦で2対8と初戦敗退してしまうも、1.1回3奪三振を奪うなどケガ復帰後、チームに貢献することが出来た。

 

しかし、2年秋の秋予選では3位決定戦で敗退してしまうと言う結果に終わってしまう。

 

そこから冬に相当な負荷を掛けて来て、練習に励んで来たと思うが3年時の春季大会では県大会で準優勝と言う結果を残すことが出来た。

 

3年最後となった夏では甲子園に行くことが出来ず、高校野球生活にピリウドを打つことになる。

 

石川県も中々強豪校が多い県となっているだけに、そう簡単には勝たせてはくれない様だな。

しかし、選手にとってもいいライバル関係を保つことが出来ていると思うのでどの高校も負けないように練習に励んで欲しいと思う。

 

では、最後にドラフト何位指名になるのか予想してみようと思う。

 

スポンサードリンク



ドラフト何位指名?

各プロ野球球団のスカウトの記事を見ると球の球威に惚れ込んでいるスカウトが多いことに目が付いた。

また、ボールのスピードや打者に打たせないと言う強い気持ちが表れていると言う意見が多くコメントを見る限り上位に食い込んで来るとしか思えない。

 

しかし、12球団全部のスカウトが言っている訳ではないがこれ程までに惚れ込まれている選手も早々いないと思う。

 

なので、ドラフトは3位以内の指名は確実ではないかと予測している

高校時代の実績も怪我さえなければ、どこまで行っていたのか気になるところではあるがプロの世界に入ってどれだけ伸ばせることが出来るのか気になる球団は多いのではないかと思う。

 

なので、厳しめに見ても3位以内には指名されるのではと管理人の予想と言う訳だ。

 

【関連記事】

清水力斗(星稜高)に彼女はいるのか検証!家族や兄弟についても!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください